本文へ移動

紛争鉱物への対応方針

紛争鉱物への対応方針

製品の原材料として使用される鉱物資源のうち、コンゴ民主共和国(DRC)及び隣接9か国の紛争地域で採掘されるものの一部が人権侵害、環境破壊等を引き起こす武装勢力の資金源となっていることが懸念されています。
応研精工は、これらの紛争地域において武装勢力の資金源となっている「紛争鉱物」(米国ドッド=フランク法で定義される タンタル、錫、金、タングステン)を使用しない方針です。
ただし、紛争地域では不正に関与せず合法的に事業活動を行っている企業もあり、これらの合法的事業活動を阻害することのないよう十分に注意を払います。
応研精工はこの方針を徹底し、デューディリジェンスの取組として、調達部品に使用されている紛争鉱物が武装勢力の資金源となっていないことを証明するため、国際標準調査フォーマットとして普及しているCFSIのConflict Minerals Reporting Template(CMRT)を用いて部品調達のサプライチェーンを遡って調査を実施し、調査結果を検証してお客様への正しい情報提供を行います。
以上により当社は、業界におけるサプライチェーンの透明性確保に向けた取り組みを支持し、DRCおよび隣接国の紛争鉱物フリーの調達先を含め環境及び社会的に信頼できる調達先から材料入手を行うよう求めることにより、紛争鉱物フリー製品を提供するように努めます。
応研精工株式会社
〒206-0812
東京都稲城市矢野口706
TEL.042-378-0078
小型ポンプの開発製造及び販売
 
TOPへ戻る